days

日々の徒然

KeepassXのインストール

スポンサーリンク


 

f:id:aya_ino:20170507224659j:plain

なぜKeepassXをインストールするのか

Macを購入してだいぶ経つのですが、まだ全然使いこなしていません。

とりあえず仕事でAdobeCC使えればいーじゃーん?と。

思っていたのですが、ちょっと色々始めようかなと思い立ちまして。

(はっきり言って「Mac」自体が全くわけわかっていません。

20年近くWindowsユーザーだったので、Macの色んなことに戸惑っています。)

 

 まずは、色々やるにあたって重要な、パスワード管理から。

ぶっちゃけ、パス管理は大体同じものを使いまわしていました。

webに関わる人間としてあるまじき行為ではありますが、別々に覚えられているはずもないし、とりあえずちょっと違うパスにして忘れたらリマインダー使えばいいや、的な超B型人間。

とはいえ、さすがに利用するサービスも数年前とは比べものにならないほど増えてしまい、日々ハッキングされただの何だのというニュースが飛び交う昨今。

しかも先週からLINEの乗っ取りを企まれているいるみたいで、通知がいっぱいくるし(泣)…

さらに何かやろうとすれば益々パス管理は必須になるわけで、ついに重い腰を上げて、ちょっとずつ使い勝手を良くしていこうとあいなったわけです。

 

そんなこんなで色々調べた結果、「KeepassX」を導入することに決定。

最初、MacでもWindowsでも使える!ということでKeepassをダウンロードしたのですが、なぜかインストールまでたどり着けず…。英語無理…。

Keepass自体がオープンソースなのですが、そこから有志が派生してMac用に作ってくれたのが、KeepassXのようです。

ありがた (๑¯ᆺ¯๑)

 

 

Keepassをインストールする目的

先述の通り、まずたくさんあるパスワードの管理です。

そして、GoogleDriveを利用して会社でのWindows、家でのMac、スマホで一元管理できるようにします。

 

早速インストール

1.以下↓から「Mac OS X」用をダウンロード
https://www.keepassx.org/downloads

 

2.ダウンロードした「KeePassX-2.0.3.dmg」を展開。

展開したKeePassX.appを「右クリック→開く」または「ctrl+appファイルをクリック」でインストール。

普通にappファイルをダブルクリックしても、「開発元が確認できないからダメよ〜ん」と言われてしまうので注意です。

 

3.レッツ起動

インストールして起動。

小さいウィンドウで起動します。

 まずめちゃくちゃ困ったのが、「どうしたら新規データベース作れるの…………」というところ。

起動時の状態だけだと、ウィンドウの真ん中に「ようこそ!」とあるだけで、メニューボタンは灰色で押せないようになっています。

唯一開けるのが一番左側の「データベースを開く」ボタン。が、初めてインストールしたのにそんなもんあるかい!ヽ(`Д´)ノと調べること数分。

ふとウィンドウを最大化してみたら、ヘッダにカーソルを持っていくことでメニューが出てきました…私の時間を返して…。

もしかすると、もっとスマートな(マカーには常識的な)やり方があるのかもしれません。

f:id:aya_ino:20170507162235j:plain

 

4.新規データベースを作る

最大化して出てきたメニューの「データベース」→「新規データベース」でマスターキーの作成を求められます。

f:id:aya_ino:20170507162239j:plain

あとの使い方は簡単。グループを作ってサービスごとにIDとパスを管理できます。

この辺りはもっと詳しく書いてくれている方が大勢いらっしゃるので、割愛。

そしてデータベースに利用するサービスの情報を入力し、保存先をGoogleDriveに。

 

5.スマホに「Mini KeePass」をインストール

こちらをスマホにインストール

MiniKeePass — Secure Password Manager

MiniKeePass — Secure Password Manager

  • Flush Software, LLC
  • ユーティリティ
  • 無料

 すでにスマホにはGoogleDriveが入っているので、GoogleDriveに保存したkdbxファイルを読み込む。

 

読み込み方は、GoogleDriveでkdbxファイルを選択し、メニューから「アプリで開く」でMiniKeepasを選択するだけ!

 

※GoogleDriveのバグ?か仕様で、そのままファイルを置いても開けないことがあるようです。

対処法としては、拡張子を2重にすると良いそうです。

 

以上、目的達成!٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

 

実はKeepass自体はWindows使っていた頃にはずっとお世話になっていました。

Windowsの時は特に気にせずインストールできていたソフトが、Macになるとこんなに面倒なんて・゚・(。✖д✖。)・゚・

「やっぱクリエイターはMacなのね!!」となぜか思い、ちょうどWindows機が壊れた勢いで買ってしまったMac.……。

しかもノートPCを持つの自体が初めてで、とてつもない発熱量にも戸惑っています。

頑張って使いこなせるようになりたいと思います。

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存


スポンサーリンク

 

プライバシーポリシー