days

日々の徒然

知らないと損 !? Windowsユーザーが陥りやすいMacのキー操作3選!

スポンサーリンク


 

f:id:aya_ino:20170903015234j:plain

(当たり前だけど)Windowsと操作感が全然違う!

家用のPCとしてMacを手に入れてからもうすぐ2年が経とうとしています。
残念なことに、長年のWindowsユーザーで操作はもうWindowsのものが染み付いているのもあり、なかなか馴染めず最低限の作業をするに留まっております。


まああんまり家にいないのでMac自体いじれていないと言うのもありますが…。

そんないまだに初心者状態の自分が、Macはこんな操作もできないのか…がっかりだな…と思っていたことが3つあります。いえ、ありました。
それは、

  • 「カットアンドペースト」ができない!」
  • 「Deleteキーでフォルダ(ファインダー)内のデータが消せない!」
  • 「変換確定後のテキストの再変換ができない!!」

 

この3つが主に大きな不満点でした。
フォルダを選択した状態でリターンキーを押すとなぜかリネームさせられそうになったりするのもやや不満です。
いやフォルダ開いてよ。頼むよ。

 

・カットアンドペースト」ができない!

厳密に言うと「カットアンドペースト」ではありません。

 

・カットしたいファイルを選択
 ↓
・[command]+[c](つまり普通のコピー)
 ↓
・ペーストしたいフォルダへ移動して[command]+[option]+[v]

 

するとあら不思議!移動先のフォルダにペーストしたデータが現れ、元のフォルダから元のデータが削除されています!

うーん、これだと「コピーアンドペーストアンドカット」??
なぜこんな仕様なのかは謎ですが、とりあえずこれからはいちいち元のフォルダから削除する手間が省けます。

指が短いので[v]を押すのにちょっと手がつりそうになるのが辛いところです。

 

このことに関連しての続いての不満が次のこちら

 

・Deleteキーでフォルダ(ファインダー)内のデータが消せない!

データをコピーして移動して、元のフォルダに戻って「右クリック→ゴミ箱に入れる」で消しておりました。
その度に不便だなぁ…と不満を募らせていました。

が、それも、ショートカットで解決しました。

[command]+[delete]

…ウィンドウズじゃ指一本で消せたのに。
ファイル消すのに両手or指二本使わないといけないとか、めんどくさいじゃないか。。。。
それでもいちいち右クリックよりはマシかな (๑¯ᆺ¯๑)
Macの「delete」キーは、Windowsで言う所の「backspace」キーなのだそうです。
別にフォルダ内で「削除」として機能したっていいんじゃ…(しつこい


・変換確定後のテキストの再変換ができない!!

Windowsには「変換」キーがあるんですよね。
だから、読めない漢字があったり変換し直したい漢字があったりすれば、「変換」キーを押して解決していたのですが、Macではそれができない…!

と、思っていたらできました。

再変換したいテキストを選択して、「かな」キーを押すだけ…

……(´ω`)

できるんや…。

 

よかった。
解決解決。

リターンでリネームもなんとかならないかな…(´ω`)

 

もっとMacと戯れる時間を作りたいと思います。

 

保存

保存

保存


スポンサーリンク

 

プライバシーポリシー