days

日々の徒然

とっても簡単!aiデータをPowerpointデータに変換!

スポンサーリンク


 

f:id:aya_ino:20180104224740j:plain

 

あけましておめでとうございます。

今年もぼちぼちながら、なるべく更新頻度をあげつつ頑張って行きたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

早速ですが本題です。

今時どれほど需要があるのかわかりませんが、去年制作したaiデータのチラシを「PowerPointで編集して日付など細かいところを自分で修正して使いまわしたい」というクライアントさんがいらっしゃいました。

何しろそんなことを言われたのは初めてだったし、パワポは基本的な操作くらいしかわからないので、色々調べました。

 

なんと!!

できるんですね!!驚き!(◎_◎;)

 

用意するソフトは3つ

まず用意するものは

  • Illustrator(2017)
  • Adobe Acrobat(2017/よほど古くなければ恐らくどのバージョンでもOK…多分)
  • PowerPoint(MacではKeynote)

この3つです。

普通にWeb制作をしている人であれば、持っているソフトですね。

 

早速変換!

  1. まず、Illustratorでデータを作ります。
  2. そのデータをPDFで別名保存し、AdobeAcrobatで開きます。
  3. その開いたPDFデータを「PowerPointプレゼンテーション」形式で別名保存。

f:id:aya_ino:20180104224153j:plain

 

 

 

MacではKeynoteがPowerPointの代わりになります。

MacとWindows両方で試しましたが、どちらでもできました!

あちこち不都合が出るのではないかと心配してしていましたが、驚くほどしっかりとPowerPointでもデータがいじれるようになっていました。

クライアントデータなので実物はお見せできなくて残念…真実はご自分の目でお確かめくださいw

 

ちなみに、PowerPointデータの他にも形式があったのでExel形式で保存してみましたが、原型を留めない状態になってしまっていて、こちらはダメでした(笑)。

 

注意点

非表示にしてあったレイヤーもしっかり残ってくれるので、クライアントに渡すときはフォントはアウトライン化した上、不要なオブジェクトは削除するなど、レイヤーの整頓をしてから変換してくださいね。

そうでないと、意図しないデザインで手直しされて世に出回るという、世にも恐ろしい事態になってしまう可能性がありますから…。

それと老婆心ながら、このように「クライアント側でいじりたい」と言い出したときの画像等の二次使用についての取り決めも、事前にしっかりしておくことをオススメします。

 

もし使い所がありましたら、ぜひお試しあれ〜。

 


スポンサーリンク

 

プライバシーポリシー